2017年06月11日

火花 (又吉 直樹)

★★★★★

第153回芥川龍之介賞受賞作品。芥川賞作品だけのことはある。やっぱり芥川賞選考委員はすごい。話題性だけで選んだわけではない。

こういう作品、1人の作家が何本も書けるわけじゃないんだけど、だからつまりこういう作品が1つあるからといってその作家がいい作品を乱発するとはかぎらないんだけど、それだからこそこういう作品はやっぱり貴重だと思う。

真樹さんみたいな女の人と会いたいなーと思う。

■心に残ったセリフ
「一つだけの基準を持って何かを測ろうとすると眼がくらんでしまうねん」 (p. 40)
「流行の言葉を簡単に使いこなす器用な人間をぼくは恐れていた」
「世間を無視することは、人に優しくないことなんです。」 (p. 165)
posted by lonitary at 13:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック