2015年02月22日

ふがいない僕は空を見た (窪 美澄)

★★★★★

「ミクマリ」、「世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸」、「2035年のオーガズム」、「セイタカアワダチソウの空」、「花粉・受粉」の5編からなる。

これはとんでもない作家に出会えたなという感じ。どれもこれもすごい作品だった。なかでも「2035年のオーガズム」と「セイタカアワダチソウの空」が秀逸。ほかの作品もぜひ読んでみたい。
posted by lonitary at 23:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック