2013年09月24日

もしもし下北沢 (よしもと ばなな)

★★★★☆

いかにもって感じのよしもとばなな色が、いい意味で出ていると思う。玉に瑕なのが人の死が出てくることなんだけど、それはまあ許せるレベル。主人公の父親が無理心中で死ぬというもの。

なんだか飲食店のバイトとか、下北沢での生活とか、そういうものがとても楽しそうで、かつ透明感があってみずみずしく感じされる、そんな作品。

■印象に残ったセリフ■
「自分なりに筋が通っていれば、一般的にだめだとされることも全く気にならない」(p. 273)

posted by lonitary at 01:42| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375606609

この記事へのトラックバック